diary
*Sahkey's web のindexページへ*
↑mixi!からお越しの際にご利用ください↑


log list 200305 06 07 08 09 10 11 12 
200401 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
200501 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
200601 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
200701 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
200801 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
200901 

■2008.09.28.(Sun)  (下書き2)
垣谷は手放しでほめているように見せかけながら、同時にこっそり、そしてしっかりと"桐生と正反対の評判"という批判的なフレーズを忍ばせて、白鳥に対する客観的評価をきちんと周囲に伝える。相手を持ち上げつつ、言いたいことは言う。医局政治のサバイバー(生き残り)は、しなやかでタフだ。

『チームバチスタの栄光』海堂尊 より抜粋

■2008.09.28.(Sun)  (下書き)
・どんなことにも疑問を持ち、納得いくまで調べ続ける姿勢が大切。
・医療に携わることは、病気や怪我に苦しむ人々、言い換えると人様の不幸の上に成り立つ職業であることを忘れず、謙虚に真摯に仕事に取り組む。


同窓会大阪支部報から抜粋

■2008.09.23.(Tue)  旅から戻りました
バラクーダの群れ


いそぎんちゃくとくまのみ


早朝に関空にグアムから帰阪(帰国?)しました。


両親との3人旅においての私の仕事は
・用紙に記入する(老眼ではツライ様子。署名欄のみ父に書かす。)
・説明書を読む(・・・・同じく。)
・レンタカーの運転、特に夜間(母は免許持っていない・父は酒飲み)
・つたない英語での食事のオーダー


こんなんですが、なんとかやりとげました。やったよ、ワタシ。


細かくはまた後日書きますが、
ダイジェスト版で旅の様子をご紹介。


がんばったなー、と自分でも思うこと
・レンタカーで島内をドライブした時に、「昼はあっさりとサンドイッチが食べたい!」と言う父のリクエストでSUBWAYに行き、父と母に付き添って英語でサンドをオーダーしたこと。

きっと、これが梅田のサブウェイだったとしても
父にオーダー方法を説明するのはタイヘンだっただろな。
 (母はサブウェイ行ったことあるので通訳のみでなんとかOK。)


悲しかったこと
父の「加齢による我儘」は「疲労」と「酒」が加速要因であることを痛感・・・。
今までの家族旅行は子供のうち誰かが疲れギレ(←これって甘えの一種ですね)を起こしていたのですが、私が切れる前に父が疲れギレしてました。疲れているのに3人でショッピングに行ったのが原因なんですけどね。これからは配慮せねば。反省。



主な目的は
家族3人でダイビングin Guam だったので、
達成されたしめでたしめでたし。

エントリー直前の母と父 (私は先にエントリーしてます)

コメントをどうぞ。
  • Jillian(2012/02/29 13:06)
    An asnewr from an expert! Thanks for contributing.
  • Rajapalayam(2012/02/29 14:55)
    Heck yeah this is extcaly what I needed.
name
 
内容を確認するときは『preview』を
よろしければ『submit』ボタンをクリックしてください

 

■2008.09.07.(Sun)  卒後教育3日目
1)ES細胞を用いたパーキンソン病治療の開発
2)パーキンソン病の病態と最新の治療法
3)認知症のとらえ方と対応の仕方


写真は薬大の天津飯。
200809071146000.jpg 352×288 40K
コメントをどうぞ。
name
 
内容を確認するときは『preview』を
よろしければ『submit』ボタンをクリックしてください