diary
*Sahkey's web のindexページへ*
↑mixi!からお越しの際にご利用ください↑


log list 200305 06 07 08 09 10 11 12 
200401 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
200501 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
200601 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
200701 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
200801 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
200901 

■2008.07.31.(Thu)  焼肉でもいきましょうよ
・・・というわけで、焼肉に行ってまいりました。


行くまでの経緯
1)6月末の病棟での送別会にて。
偶然同じテーブルになったサーティーズ5人。
 (メンバは看護師さん、事務員さん、そして薬剤師。)
出てきた鳥刺しを見ながら、誰が言ったか「焼肉でも行きましょうよ」。

どうせ行くなら鶴橋でしょー。
でも、第一回は開催することに意義があるから
手近に吹田周辺で。
じゃ、「Y屋」にしましょう。
・・・いつにします?


2)7月2週目。
各自シフトが違って顔を合わすことがない日々が続く。
「例の焼肉の会って、あの場のノリじゃないですよね」

え、あれ、ホンマですよ。
じゃ、7月3週目くらいで。



3)7月3週目。
病棟担当から薬局内のポジションに配置転換され(これは予定通り)、
焼肉の話は・・・どっかいっちゃった!?



4)7月5週目。
病棟からメールが届く。
「病棟で産休慰労会(産休に入られる方のお疲れ様会)をします。
19時から、吹田のY屋で。」

・・・まじですか?わーい。


幹事さんに聞くと、
・もう一人の幹事さんは例のサーティーズの一員だった
・主賓の妊婦さんのリクエストが焼肉だった
・主任さんが「焼肉ならY屋で」と指定があった


というわけで、
形は変われど本当に焼肉に行くことができました。
Y屋のお肉は噂どおり本当においしかったです。とろけました。



そして、久々に集まったサーティーズ、
すでに次の宴会プランが計画されてました。





次は、ビアガーデン!
コメントをどうぞ。
  • barry(2009/03/13 17:32)
    opgWuu 8g74dlGaSnxCc96lsg4l
  • Carlos(2012/02/29 07:40)
    That really captures the spirit of it. Thanks for psoitng.
  • Rajesh(2012/02/29 11:40)
    You know what, I'm very much inlcined to agree.
name
 
内容を確認するときは『preview』を
よろしければ『submit』ボタンをクリックしてください

 

■2008.07.30.(Wed)  7月に読んだ本(4)『センスを磨く 心をみがく』
・センスを磨く 心をみがく  ピーコ著 (2007.10) 2008.7読了 図書館に返却


内容注記 : ファッション、アート、教育、政治経済…。美しく歳を重ねる方法を、一緒にお勉強しましょ! 失われゆく四季を愛でながら綴る、愛とユーモアたっぷりの辛口エッセイ。『東京新聞』サンデー版連載に加筆修正して書籍化。
--------------------------------

「アナタ、鏡見たの?」と辛口ファッションチェックで有名な著者。
でもへんなことは言ってない。言われてみればその通りだなと見てしまう。
ピーコさんが嘆いているのは食べ物や洋服、和服も、マテリアルも季節感がなくなっていくこと。女性の品が薄れていること。子供のしつけがなっていないこと。公共の場所でのマナーの低下。

言われてみれば然り。厳しく躾を受けてきたんだろうな、と感想を述べると
「しつけが厳しい親なら兄弟揃ってオカマにならんやろう」と父の弁。

それは別問題だと思うけど、父からみたらそう思うのね。
コメントをどうぞ。
name
 
内容を確認するときは『preview』を
よろしければ『submit』ボタンをクリックしてください

 

■2008.07.29.(Tue)  7月に読んだ本(3)『テメレア戦記(1)』
・テメレア戦記(1)気高き王家の翼 ナオミ・ノヴィク著(2007年) 2008.7.29読了 図書館に返却  
コメントをどうぞ。
name
 
内容を確認するときは『preview』を
よろしければ『submit』ボタンをクリックしてください

 

■2008.07.28.(Mon)  7月に読んだ本(2) 『●ッ●カー●トンが大切にする サービスを越える瞬間』
一部伏字にしています。ご了承ください。
・『●ッ●カー●トンが大切にする サービスを超える瞬間 高野 登著 (2005年) 2008.7読了 図書館に返却 

出版社 / 著者からの内容紹介
日本のみならず、世界でもホテルランキングで絶えずトップグループを保ち続ける●ッ●カー●トンの秘訣を、現職の責任者が初めて公開する。お客様にリピーターになっていただくため、会社の信念(クレド)を具体的な仕事やサービスに結びつけるさまざまな仕組みを紹介している。
-------------------------------------

「紳士淑女をもてなすものも、紳士淑女であれ」というモットー。
「仕える」のではなく「接する」。
泊まったことはないけれど、いちど泊ってみたくなりました。
そのサービスを受けてみたい。

ホスピタリティーのお手本です。
自分の仕事にも活かせますように。

-----------以下本文から抜粋です。-----------

クレド
○○はお客様への心のこもったおもてなしと快適さを提供することを
最も大切な使命と心得ています。

私たちはお客さまに心温まる、くつろいだそして洗練された雰囲気を
常にお楽しみいただくために
最高のパーソナル・サービスと施設を提供することをお約束します。

○○でお客様が経験されるもの、
それは、感覚を満たすここちよさ、
満ち足りた幸福感
そしてお客様が言葉にされない
願望やニーズをも先読みしておこたえするサービスの心です。

従業員への約束
○○ではお客様へお約束したサービスを提供する上で
紳士・淑女こそが最も大切な資源です。

信頼、誠実、尊敬、纐纈、決意を原則とし、
私たちは個人と会社の為になるよう、持てる才能を育成し
最大限に伸ばします。

多様性を尊重し、充実した生活を深め、
個人の志を実現し、
○○・ミスティーク(神秘性)を高める・・・
○○は、このような職場環境をはぐくみます。

サービスの3ステップ

あたたかい、心からのごあいさつを。
お客様をお名前でお呼びするよう心がけます。

お客様のニーズを先読みし、お答えします。

感じのよいお見送りを。
さようならのご挨拶は心をこめて。
できるだけお客様のお名前を添えるよう心がけます。

○○ベーシック

モットーは
「We are Ladies and Gentleman Serving Ladies and Gentleman」です。
私たちはサービスのプロフェッショナルとして、お客様や従業員を尊敬し、
品位をもって接します。
Trackback(9)
コメントをどうぞ。
name
 
内容を確認するときは『preview』を
よろしければ『submit』ボタンをクリックしてください

 

■2008.07.27.(Sun)  7月に読んだ本(1)『坊っちゃん』
・坊っちゃん 夏目漱石著 (1906年・明治39年)  2008.7読了 図書館に返却


道後温泉に行く前に、再び読んでみました。
初めて読んだのは中学生の時だったような。
あんまりおもしろくなかったことだけ記録に残っている。

それから約20年。再び紐解いてみた。
けっこう面白い。

自分が勤めるようになったから、その面白みがわかったのだ。


東京から田舎の中学にやってきた若い教師が
生徒から「団子たべるなもし」とからかわれ、校長・教頭や諸先生からチビチビいびられ(いびられるがそれを突っぱねるのだから小気味よい)、職員室にも派閥があるわ、遊郭に行く先生はいるわ、それを現行犯で捕まえようとするわ、、、
毎日電車に乗って道後温泉に入りに行く江戸っ子坊ちゃん、壮快です。

しかし一つ謎がのこる。
マドンナさんは、主人公の坊っちゃんとほぼ関係ないのに、
現在の道後温泉でキャラクターになっているのはなぜだ?
コメントをどうぞ。
name
 
内容を確認するときは『preview』を
よろしければ『submit』ボタンをクリックしてください

 

■2008.07.12.(Sat)  淡路島・道後・さぬき
よったとこ・いったとこ。


味処 いちじろう
○799-2-232
淡路市富島

真言宗本福寺・水御堂
淡路市(旧東浦町)浦

道後温泉 ふなや
http://www.dogo-funaya.co.jp/

にきたつ庵
http://www.dogobeer.co.jp/SHOP_NIKITATHU.html

伊丹十三記念館
http://itami-kinenkan.jp/


さぬきうどん
1件目:手打うどん宮武 琴平町
2件目:長田うどん
3件目:赤坂製麺所
コメントをどうぞ。
name
 
内容を確認するときは『preview』を
よろしければ『submit』ボタンをクリックしてください

 

■2008.07.08.(Tue)  半幅帯で6枚羽
200807081217000.jpg 288×352 41K
コメントをどうぞ。
name
 
内容を確認するときは『preview』を
よろしければ『submit』ボタンをクリックしてください