diary
*Sahkey's web のindexページへ*
↑mixi!からお越しの際にご利用ください↑


log list 200305 06 07 08 09 10 11 12 
200401 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
200501 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
200601 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
200701 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
200801 02 03 

■2008.02.23.(Sat)  2時半起きで
200802230849000.jpg 176×144 7K白馬へスキー!
今度は私の車で!ナビは使えないけど!

茨木にすむ友達をピックアップし、
4時までに茨木インターを通過する為には、
3時に家を出なければならず、2時半起きです。

4時までにETCで高速インターに入ると、出口で4割引になるのです。
途中何度か休憩し、朝ごはんも食べ、
さらに途中、豊科インター近くの犀川白鳥湖に立ち寄り、(写真参照)
白馬47スキー場に10時前に到着。


吹雪でした。さむい。


スキーを終了し、駐車場に戻ると、
クルマが雪で埋まってる・・・。
オンナノコ二人で雪かきし、
地吹雪で何度もホワイトアウトに見舞われながら、ほうほうのていでようやく宿に到着。

温泉にいけないほどの猛吹雪でした。
民宿のおじさんに「遭難しちゃうよー」と心配されながら、
かろうじて歩いて酒屋さん(食料品屋さんも兼ねてる)に行きました。

明日はいいコンディションで滑れますように。
コメントをどうぞ。
name
 
内容を確認するときは『preview』を
よろしければ『submit』ボタンをクリックしてください

 

■2008.02.19.(Tue)  留袖着てみた その2
200802191217000.jpg 176×144 7K下の写真を撮っていたら、
「撮ってあげましょうか?」と、ほかの生徒さん(おばさま)に声をかけていただき、撮影していただきました。

・・・背景ぐちゃぐちゃですな。
コメントをどうぞ。
name
 
内容を確認するときは『preview』を
よろしければ『submit』ボタンをクリックしてください

 

■2008.02.19.(Tue)  留袖着てみた その1
200802191214000.jpg 176×144 6K着付け教室で、留袖を着てみました。
未婚ですが、何か?

母の留袖を借りて、着てみました。
なぜか紋の高さが合いません。悩みます・・・。
コメントをどうぞ。
name
 
内容を確認するときは『preview』を
よろしければ『submit』ボタンをクリックしてください

 

■2008.02.15.(Fri)  バレンタインまつり 活動記録
義理チョコ大作戦。去年の日記に書きました。
有言実行しました。まさに「バレンタインに暴れたいん」でした。


・モロゾフの義理チョコを多数用意。
・午前中にまず身近なメンズに配る。
・昼休みに医局へ。座席表を医局秘書さんに借り(親切に貸してくれた)、
お世話になっているセンセイがたの机に配置(女医さん含む)。
・夕方に部長クラスの部屋(医局とは別の部屋)へ行こうと思っていたら、、、

16時から臨時会議が入り、そのままZEPP OSAKAへ(おまけに遅刻しました)。


というわけで、部長級へは不義理を・・・。
ああ、義理チョコを有効活用できず。
まあ、三分の二は目標達成したのでよしとしようかな?


義理とはいえ、どきどきわくわくした一日でした。
コメントをどうぞ。
name
 
内容を確認するときは『preview』を
よろしければ『submit』ボタンをクリックしてください

 

■2008.02.14.(Thu)  バレンタインに暴れたいん
Image009.jpg 161×215 6KKANちゃんのライブを見に行きました。
ZEPP OSAKA 19時開演に間に合いませんでした。
同行の皆様申し訳ございません。

チケットを受付に託けてくださって、
係員の誘導の下、座席に。
はずかしいデス。

座ってみているときには気がつかなかったのですが、
立ち上がってみたら、あらま、スコティッシュ・キルト着用。
芸が細かい。


写真はライブチケット。
『※写真のこの方にはご登場いただけませんので予めご了承ください』と注意書きあります。芸が細かいなぁ。

※タイトルはライブ終了時の場内アナウンスより借用。
コメントをどうぞ。
name
 
内容を確認するときは『preview』を
よろしければ『submit』ボタンをクリックしてください

 

■2008.02.12.(Tue)  読了記録 『月島慕情』
・月島慕情 浅田次郎著(2007年) 2008.2読了 図書館に返却

7本の短編集。
月島慕情・供物・雪鰻・インセクト・冬の星座・めぐりあい・シューシャインボーイ


読んだ後時間がたっても思い起こされるものから・・・
「月島慕情」
  ----吉原の太夫が見つけたと思った幸せは、、、、----
  最後の「誰も知らないところ、そうだねぇ、京都にでも行っとくれ」が印象的。

「供物」
  ----現在の夫との間に小学生の子供がいる主人公に前夫の訃報が。供物を持って主人公にとって過去の町へ。----
現夫と携帯で話をすることで現在の自分の空間的・時間的・立場的位置確認するのがリアル。
  
「雪鰻」
----雪国の駐屯地の当直隊員が出迎えた酔った師団長の手土産の鰻重。
  「食え、うまいだろう。自分ではなく誰かに食わす為に持ってきたのだ。ありがたく食え。茶も入れてやる。」
  そして師団長から語られる戦地での鰻のエピソード。-----
  
泣きました。いままでいろいろな反戦の物語を読みましたが、このような視点で書かれたものは初めてでした。
「敵は米兵ではなく、飢えと病気であった」と。悲しい。きっと実話が元になっているのでしょうなぁ。
  
「めぐりあい」
  ----温泉街の雇われマッサージ師の今夜の客は、失明する前の悲しい記憶に共通するものが。もしや、あのひとでは。----
  読者は「お客」を勝手に想像しながら読みすすむので、最後に「え、過去の恋人やったんやろか?違うかったん?」と悩ましげな作品でした。
   
「シューシャインボーイ」
  ----リストラで首を刈っていた本人が早期退職して就職したのは食品会社社長の運転手。社長は靴を必ず新宿ガード下の靴磨き老人に磨かせている。なぜだ?運転手は首を突っ込まないほうがいいのか?と悩にながらも詮索を始めた主人公に、社長がバサリとそして静かに話し出す----
社長の話は、これまた戦後の混乱のなかの苦労話。なけます。小説の最後の展開はうますぎる?でも再就職する人にとってまさに万馬券なお話!
コメントをどうぞ。
name
 
内容を確認するときは『preview』を
よろしければ『submit』ボタンをクリックしてください

 

■2008.02.11.(Mon)  カーナビの断末魔
車検が終わったクルマを迎えに、歩いてディーラーさんへ。
車検あがったクルマに乗って、北千里へお買い物。
慣れた道での帰り道、

ピーーーー

と勝手にカーナビが鳴き、
モニタが真っ暗に!

ナビは滅多に使わないのでいいとして(よくないけど)、ラジオのプリセットチャンネルを変えられず、エアコンの風向きも変えられず、不便です。


なにも触っていないのになぜ?
コメントをどうぞ。
name
 
内容を確認するときは『preview』を
よろしければ『submit』ボタンをクリックしてください

 

■2008.02.10.(Sun)  奈良へ
学術大会で奈良へ。

当日予定が空いていたら行こう〜、ぐらいの気合の無さで、
昨日の大雪の為、車で奈良へ行くのは諦め、電車でコトコトいくことに。
ランチョンセミナーのチケットは諦め、ドーナツを買っていきました。

収穫を2つほど。

-----------------------------------
・NSAID潰瘍  FORCE Studyより〜
低容量NSAIDでも起こる。坐薬でも損傷あるPtの率は変わらない。低容量腸溶錠のNSAIDも胃で溶けるNSAIDと胃潰瘍の相対リスク比は同じ(飲んでいない人より3倍起こりやすい)。RAのPt1008名中、62%に消化器病変あり。その内NSAID飲んでいるPtの60%に胃十二指腸潰瘍あり(飲んでいないPtでは12%)。ファモチジン併用は胃潰瘍に有意差有。ラニチジン併用は十二指腸潰瘍に有意差有。PPIvsH2は有意差無いがPPIが有利。5mm以上の潰瘍・ステロイドにはH2よりPPIが有利。NSAID潰瘍のリスクファクターは自覚症状有・ピロリ陽性・生活が不規則・頻回の飲酒歴・ジクロフェナク服用
----------------------------------------
・「ひとの話を聴く」ことのすすめ
傾聴
需要
さえぎらない
否定しない
議論しない
主張しない
中立

本人にとっては現実
言い出したことに関しては(内容はどうであれ)否定しない
ココがヤマだなと思うところをもう一度きく(忘れたフリも有効)。「もういちど整理したいのでお伺いしてよろしいでしょうか?」

上記は理想論。
時間が足りない日常で、わだかまりをとることはできるのか?
話しながら聞き出す為に、相手を尊重して客観的に聞く
正確に伝えることが優先されて相手が理解しているかを確認できていないかも。

腑に落ちているか落ちていないか。
頭でわかっていても腑に落ちない。
「病気になること」や「不慮の事故」は
「理解」と「腑に落ちない」に開きが出来る。

病院に来る=不安がいっぱい、失意でいっぱい
そんな状態で科学的なことをいっても腑に落ちないでしょう。
この状態で、腑に落ちる説明をするとすっと入る。これをうまく利用しているのが民間療法。腑に落ちる感覚はキモチイイ。
納得するように思わせるのが今までの医療に足りなかったのかも。
「科学的説明」と「腑に落ちさせる」バランスが難しい。

信頼関係
相手の話を目を見ながら受け取るだけでも違ってくる。
上手な説明よりも効果的なこともある。

参考:
国立がんセンター がん告知マニュアル
http://ganjoho.ncc.go.jp/professional/communication/communication01.html

演者の先生から薬剤師へのメッセージ:
「どこから手をつけていいか分からない」というストレスかかえてる
「高度な学問」と「人間的スキル」:希望も失望も与えてしまう

自分のケアも十分に摂ってやる。
休みの日に楽しく過ごす・仕事を忘れる時間を作る・オンとオフの切り替えを上手に

連携を充分に図る
ストレスを取り除く為にコミュニケーションをとる
問題点や困ったことを話し合って共有する機会を持つ
批判や指導するのではなく、カウンセリングの技法で聞く。
例:被害者の会、ピアカウンセリング
  賛否両論あるが有効性あり (人に言えないことを同じ境遇の人で聞く)

自分がカリカリしていると、他人や患者さんの話を聞くことは難しい。
自身の人生を豊かに。
不安を打ち明けないのは「拒否」の姿勢
不安を打ち明けられること、うちあけれたことでまず、よし、としてください。
コメントをどうぞ。
name
 
内容を確認するときは『preview』を
よろしければ『submit』ボタンをクリックしてください

 

■2008.02.09.(Sat)  Farewell party
仕事中、お昼の2時間程度で大雪が降り積もり、
自転車を置いて帰りたいのに、帰りに交通の不便なところに寄らねばならず・・・。

自転車の後輪が滑ってコケそうになりながらも
英会話の先生のサヨナラパーティーへ。


Fijian NewzealanderのLini先生が、日本語ベラベラのchineseと結婚し、
昨年末に吹田で女の子を産み、(babyは多国籍?!)
ダンナの転勤で千葉へ引っ越すことに。


ダンナめちゃかっこいいー、と女子生徒はenvy you!とかジェラス!とか囃し立て、
Fijiから駆けつけたママは大雪に驚き、たくさんの生徒に囲まれているのを見てビックリ。
はじめてみたLiniママは、Lini先生とそっくりな声で同じような喋り方をしてました。
そのことを伝えると「よく電話で間違えられるのよー」と笑ってました。
国が違っても、親娘の声は似るのは同じやね〜。


デジカメを持っていくのを忘れて、先生と写真を撮れずじまい。ザンネン!
コメントをどうぞ。
name
 
内容を確認するときは『preview』を
よろしければ『submit』ボタンをクリックしてください

 

■2008.02.06.(Wed)  ぎょうざ
連日「ぎょうざ」がニュースに挙げられ、
ぎょうざぎょうざ言うものだから、



ぎょうざ食べたい!!




って思っちゃう。




どーも母もそういう気分だったらしく、晩御飯はぎょうざでした。
 (やっぱり「一卵性親子」なのかもしれない・・・。)
我が家のぎょうざは手作りです。にんにくは入れないけどおいしいの。
最近は母が包んだものを焼いて食べてますが、ちまちま包むのも好きです。



みなさまのおうちでは何をつけて食べますか?
オススメがあればおしえてくださいー。
ちなみに我が家の流行は「香酢+おろし生姜」。

■2008.02.03.(Sun)  『旅の恥はかき捨てですか?』読了
旅の恥はかき捨てですか? 読んでから行け!海外旅行  吉門 憲宏著 講談社(2007.3) 図書館に返却

出版社/著者からの内容紹介
JAL国際線フライト歴35年!2万時間世界の空を飛んだチーフパーサーが遭遇した「機内の異邦人」と、日本人の恥ずかしい話。「そうだったのか!」笑って読んで、納得!
「海外旅行のマナー」バイブル決定版
笑えない話、さまざまなドラマが続々……
----------------------------------------------------

「女性の品格」を読んだあとに読みました。
ファーストクラスでの日本のエライさんの振る舞いにガッカリさせられました。全員ではないと思います。極端な例を挙げておられると思います。でも、おどろきです。ファーストクラスに座ることはおそらくないと思われますが、対面して7秒の間にすべてを見定められていると思うと・・・。こわいです。(ファーストクラスにかぎったことじゃないですケド)

世界のVIPは品格が違うな、と。品格が高いと提供されるサービスも変わってくるのかと。でも、愛想のいい人にはこちらも愛想がよくなるのは人間のキホンなのかな。接遇のキホンですね。

ブランドのお店に入るときはオシャレしていきましょう。
お店の商品は、無断で触らないようにしましょう。
サービスを受けるときは「おねがいします」「ありがとう」を忘れない。
飛行機に乗るときはスタッフに挨拶をする。(飛行機に限りませんが!)
ホテルのチェックイン・アウト、レストランの予約・注文・会計は男性が行う。男性にさせることを忘れない(男性に恥をかかせてしまいます)。
西洋ではレストランの上座は女性が座る。
国際人とは英語を話すだけではない。大事なのはコミュニケーション力。日本の文化を紹介できて、日本人としてはっきり歯に絹を着せず意見を言えるようにならなければならない。国際舞台では「以心伝心」「察してほしい」は通用しない。

・・・この本は買ってもいいかもしれない。
コメントをどうぞ。
  • ジャージー(2008/02/04 01:20)
    感想だけでも、かなり勉強になりました。
    興味深いです。
    日本の文化の紹介、日本人としての意見、
    かなり難しいけど、必要ですね。
    こつこつ頑張ろう!!
  • Sahkey(2008/02/07 20:52)
    ◇ジャージーさま
    読みやすい文章で、1つのお話が3ページほどなので、次々すらすらすらっと読めますよ。
    日本人として意見を求められる機会はなかなか無いですが・・・ね。
name
 
内容を確認するときは『preview』を
よろしければ『submit』ボタンをクリックしてください

 

■2008.02.01.(Fri)  ダイエットの敵
200802011830000.jpg 176×144 7Kただいま、我が家ではキャベツダイエット敢行中!
食前に10分かけて生キャベツを食べ、満腹中枢を働かすというものです。

しかし!ここに思わぬライバル出現。

あぷりさんはキャベツ大好きなのです。
台所でトン!と包丁とまな板が鳴るとスタタッ!と駆け寄っていきます。
食卓でキャベツをぱりぱり食べると、
くれくれビーム炸裂。わんわんうるさいです。困った〜。
コメントをどうぞ。
  • ジャージー(2008/02/04 01:15)
    あっ!やったことあります。
    はい、結果は、挫折しましたです(ToT)>゛
    ざく切り生キャベツで、胃が痛くなったからです。
    なんで〜と考えて、
    良く噛んでなかった事に気づきました(^_^;)
  • Sahkey(2008/02/07 20:43)
    ◇ジャージーさま
    よーく噛めば噛むほど、自分が草食動物になった気分になりました。
    胃が痛くならないよう気をつけますね。
    あぷさんはいつもほぼ丸呑みなのですが、、、。犬は丈夫なんかなぁ?
name
 
内容を確認するときは『preview』を
よろしければ『submit』ボタンをクリックしてください