diary
*Sahkey's web のindexページへ*
↑mixi!からお越しの際にご利用ください↑


log list 200305 06 07 08 09 10 11 12 
200401 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
200501 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
200601 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
200701 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 
200801 02 

■2007.12.30.(Sun)  近所の観光スポット
200712301155001.jpg 176×144 7Kヘアカットの帰りにたまたま通りがかったら・・・
記念撮影スポットになっていました。


「ホームレス中学生」で有名になったまき○○公園です。
いまは青いけど、出来た当時はうすいエンジ色だった、、、よね?
コメントをどうぞ。
name
 
内容を確認するときは『preview』を
よろしければ『submit』ボタンをクリックしてください

 

■2007.12.22.(Sat)  お開きの後で
200712222303000.jpg 176×144 7Kアカペラ友達で「クリスマスおとな会」が開催されました。
友人たちが前で歌うのを見ながら、食事をするというクリスマス会。

お開きになったあと、時間が許す限りセッションを楽しむ皆様。
いいなー。うらやましい。
きいててたのしかったです。
カホン、やってみたくなりました。
コメントをどうぞ。
name
 
内容を確認するときは『preview』を
よろしければ『submit』ボタンをクリックしてください

 

■2007.12.20.(Thu)  『憑神』読了
・憑神 浅田次郎著 2007.12読了 図書館に返却 


内容(「BOOK」データベースより)
婿入り先から追い出され、職を失い、すがった相手は神は神でも人に仇なす厄病神。時は幕末、動乱の世に、貧乏旗本・彦四郎の選んだ真実の生きる道とは。
---------------------------------------------------

貧乏神が憑き、鞍替えしてもいいよ、って言われたら、誰に憑いてもらうか?
疫病神が憑いて、じゃあ代わりに、だれに憑いてもらう?
死神が憑いたら、さあ、どうする?

鞍替えして、自分が追い出された先に着いたならば、その家に残る息子にも災難がふりかかる。
疫病神が実兄についたら、今度はお株問題に。
そして死神とともに最後にとった行動が、うーん。なるほどなぁ。
なんだかジーザスのようだ。

憑いてしまった神は自ら引き受けるべきなんでしょうなぁ。
いくら恨んでいる相手がいたとしても、いずれは自分にふりかかる。


歴史をベースにした小説を初めて読みました。
読んでる最中に、話しかけられると
「さようでござるか」「しばし待たれよ」って返事してしまうほど、
物語の世界に入っておりました。
コメントをどうぞ。
name
 
内容を確認するときは『preview』を
よろしければ『submit』ボタンをクリックしてください

 

■2007.12.16.(Sun)  ブッシュ・ド・ノエル
200712161632001.jpg 144×176 7KTAMAGOYA先生のケーキ教室。
シャンパン風味のブッシュドノエル。
クリームにはホワイトチョコレートも入ってます。

大人の味に仕上がりました。
コメントをどうぞ。
name
 
内容を確認するときは『preview』を
よろしければ『submit』ボタンをクリックしてください

 

■2007.12.10.(Mon)  ビッグモンブラン
200712101919000.jpg 176×144 7K職場の忘年会。
ホテルの宴会場で立食パーティです。
名物デザートは「ビッグモンブランの切り崩し」。
ケーキをくずして、モンブランクリームを添えてくださいます。
おかわりOKなのです。

今年もキモノで参加しました。
まわりのかたが驚くお顔がなかなか楽しいですね〜。
コメントをどうぞ。
name
 
内容を確認するときは『preview』を
よろしければ『submit』ボタンをクリックしてください

 

■2007.12.02.(Sun)  鴨川の夕暮れ
今日は京都で2件ハシゴ。

1件目。
「トプカピ宮殿の至宝展」
入場券を戴いていたので、最終日に見に行きました。
 (画像は公式サイトasahi.comより拝借)

上:「ターバン飾り」チケットやポスターに採用された展示物です。
   中央にある正方形のエメラルドは5センチ四方!
   
下:「黄金のゆりかご」今回の特別展示物。
ルビー、エメラルド、水晶などの宝石がふんだんに散りばめられています。
画像中の模様はすべて宝石です。



えらい目の保養になりました。気分だけゴージャス。



2件目は講習会。
薬学6年制の学生実務実習に備えて、教えるとはどういうことかを座学で学びました。

いままでの薬学実習教育を海での水泳でたとえると、
理論を教えて、プールで泳げて、海で溺れたとする。
「溺れたのはその人の素質であり、私は教えることはすべて説明した」
とセンセイはいう。

なんせ、現場で教えるセンセイ達は「教育」に関して教育を受けていないのだから。

しかし、これからは違う。
共用試験を受けているが、無免許の薬学生を教える日が平成22年にやってくる。
文部科学省は薬学部の6年制を認可したが、
受け皿の厚生労働省はどうなんよ?
法的にはどうなん?どこまでなら許される?

・・・的なことも含めて講習を受けてきました。
講演後に、その日の成果レポートをその場で記入して提出して退場。



とっぷり日も暮れていました。
阪急河原町駅まで鴨川沿いを歩いて帰りました。
 
コメントをどうぞ。
name
 
内容を確認するときは『preview』を
よろしければ『submit』ボタンをクリックしてください